高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

 今回は江戸時代の洋学を学びます。このあたりの単元もたくさんの人物が登場して、日本史を兼ねている人以外は人物を区別するのも一苦労ですので、踏ん張りどころです。
 鎖国中の日本ですが、長崎のオランダ商館を窓口にして西洋の学問(蘭学)を学ぶことができました。オランダ語の『ターヘル・アナトミア』を『解体新書』へ翻訳した前野良沢や杉田玄白が有名です。解剖を実見した際に『ターヘル・アナトミア』の図説の正確さに衝撃を受けたとはいえ、辞書がない時代に翻訳するのは大変でした。私たちも英文中にわからない単語があると、別の場所で使われている同じ単語から意味を推測したりしますが、ほとんどの単語がわからない中での翻訳です。その苦労が『蘭学事始』からうかがえます。
 それとは別にシーボルトに医学を学び、尚歯会(蛮社)というグループをを結成した高野長英や渡辺崋山は、医学にとどまらずに幕府の鎖国を批判し、蛮社の獄という洋学者弾圧で罰せられ、のちに自害しています。ヨーロッパの実用的な技術にとどまらず、その背景にある社会を考える視点も出てきました。
 さらに日本の文化との関係を考え、また政治的にも影響力を持ったのが佐久間象山や横井小楠、吉田松陰です。
 佐久間象山のキーワードは「東洋道徳、西洋芸術」でいいでしょう。芸術とは技術のことです。技術はヨーロッパから積極的に取り入れるが、道徳や社会体制では東洋が優れていると考えました。開国、公武合体を主張し、一橋慶喜にも説いたので、尊王攘夷派に暗殺されます。
 横井小楠も、ヨーロッパの技術が優れていることは認めますが、徳はない。むしろ日本の儒教の徳があれば富国や強兵に怖いものなし、それこそ世界に通用すると言います。東洋の儒教道徳を世界に広めるべきである、とまで言います。「和魂洋才」という言葉こそ直接は使っていませんが、意味としては同じ、象山も小楠も科学技術と道徳や精神性をバラして並行させていくところに特徴があります。
 象山のもとで学んだのが吉田松陰です。キーワードは「万民一君」、「草莽崛起(そうもうくっき)」です。「万民一君」とは、それまで人々は藩に仕えていましたが、日本の唯一の君主は天皇であり、誠をもって天皇に忠誠を尽くすべきという考え方で、幕府を相対化し、また国学の影響を受けているでしょう。「草莽崛起」は、志を持った者たちが草むらから山のように立ち上がるという、いうなれば雑草魂を持ってAct Locally!のすすめです。彼は安政の大獄で刑死していますが、師を殺された弟子たち(高杉晋作や伊藤博文、山県有朋など)が、幕府を倒していくことになるのです。

page011
page012



 今回は江戸時代、庶民の思想をあつかいます。
 江戸時代、戦乱のない時期が続いたこともあって、庶民の中からも新しい思想が生まれてきます。元禄文化では、井原西鶴と近松門左衛門が代表です。西鶴は例えば『好色一代男』で、主人公の世之介が3743人の女性と725人の少年と戯れた浮世(現世)の生活を描きます。仏教や儒教の戒める欲望の解放です。しかし、その先に得られた心境は?ネタバレになるのでやめておきましょう。近松は『曾根崎心中』でが奉公先の主人がすすめる縁談を選ぶか、惹かれた遊女との恋心を選ぶか、これを「義理と人情」の葛藤としてを描き、人気を博しました。「義理と人情」のような、社会が求める要請や役割を選ぶか、自分の私的な気持ちや感情かを選ぶかの難しさは今でも無縁ではないでしょうが、これもこのくらいにしておきましょう。
 今回の中心は、石田梅岩、安藤昌益、二宮尊徳の3人です。
 石田梅岩は、それまで商人の営利活動は悪しきものとされてきましたが、「商人の商売の儲けは侍の俸禄と同じこと」、「商人が売買するのことは天下の助けである」と商人の利潤の追求を肯定しました。利潤の追求の肯定という点では江戸のマックス・ウェーバー、分業という点ではA・スミスです。ただあらゆる商業活動を肯定した訳ではなく、「先も立ち、我も立つ」ような、私欲のみではない「正直」と「倹約」に基づいた活動をすすめています。そういえばA・スミスも共感(sympathy)をともなった自由競争を主張していました。石田のキーワードは「正直」、「倹約」、そして彼が儒教、仏教、神道、を学び見出した一連の考え方、「心学(石門心学)」です。
 安藤昌益は東北地方の医者ですが、キーワードは「万人直耕」、「自然世」、「法世」です。恐らく東北で窮乏する農村の状態を目の当たりにしたのでしょう、武士のことを農民が耕作したものをむさぼる「不耕貪食の徒」と非難し、すべての人間が耕して自給する「万人直耕」の社会を目指します。このような社会が人間の本来の姿、「自然世」だと求め、逆に差別や搾取に満ちた社会は儒教や仏教、神道がつくりだし、放置した「法世」だと批判します。
 ちょっと寄り道しますが、「自然世」は「自然に帰れ」と述べたルソーのようです。また安藤は天地や男女のような対立し異質に見えるものが不可欠な関係として存在し、対立ではなく一体となって運動する「自然活真(互性活真)」と考えています。社会を運動として、弁証法のように捉える点ではこちらはまるでヘーゲルのようです。安藤は1703年生まれでルソーやヘーゲルより早く生まれていますし、鎖国中の東北です。こういう考え方がどうやって生まれてくるのか不思議というか、驚きです。情報も得られる知識も限られる時代にあって、何が安藤の思想をつくりあげたのか、もっとこの時代のことがわかればいいのに、と思います。
 二宮尊徳のキーワードは「天道」と「人道」、「分度」と「推譲」、「報徳思想」です。二宮によれば農業は日照や降雨など自然の営み「天道」と、田植えや雑草取りなど人間の営み「人道」が一体とならないと成り立ちません。人は天の恵みに感謝して、受けた恩に報いる必要があります。これが「報徳思想」です。ではどうすることが報徳なのか、二宮によると自身の経済力に応じた生活設計を行うこと(分度)と、倹約して余裕ができたら、将来のためや他者のために譲ること(推譲)の実践が報徳なのです。
 また寄り道してしまいますが、地元にいるとわかりませんが、都市の住民の間では自然や農業が関心を持たれ、わざわざ不便なキャンプや古民家も人気のようです。理由は明確ではありませんが、安藤や二宮が求めていた「自然世」や「人道」と関係するでしょうか。また「推譲」の考え方には現在の強欲グローバリズムのアンチテーゼも含まれ、sustainableな側面もあるでしょう。ではその「推譲」をどうやって現在のしくみや考え方に反映、落とし込むことができるのかは、難しい問題です。


No48表
No48裏


 今回は江戸時代の国学を理解します。
 国学は古学派の影響を受けています。古学派はもともとの孔子らの教えに戻るために、原典にあたる方法をとっていました。とすれば日本の原典にあたれば、日本古来のオリジナルの精神がわかると考えたのが国学です。古学派は『論語』や『孟子』など中国の古典にあたりましたが、国学は『万葉集』や『古今和歌集』、『源氏物語』や『古事記』にあたります。国学は古学派の方法から刺激を受けて発展していきます。
 人としては契沖、荷田春満、賀茂真淵、本居宣長、平田篤胤らですが、うしろの3人が重要です。
 賀茂真淵は、『万葉集』にあたります。そこで見出されたのは男性的でおおらかな「ますらをぶり」と、力強くありのままの「高く直き心」でした。儒教や仏教の影響でこざかしい知恵、「からくにぶり」や繊細で女性的な「たをやめぶり」がもてはやされるようになったと批判します。
 本居宣長は、真淵から影響を受けていますが、

「実(まこと)の情(こころ)というものは、女童のごとく未練に愚かなるものなり。男らしくきつとして賢きは、実の情にあらず。それはうわべをつくろひたる飾りたるものなり」

と、「たをやめぶり」を肯定しています。「たをやめぶり」を真淵は批判し、宣長は肯定。少しズレますが、男らしさは、うわべの飾りに過ぎないという考え方は、今でいえばジェンダー、性別役割をとらえ直したとも言えます。
 真淵の遺志を継いで『古事記』の研究を深めた宣長は、生まれながらの自然な感情、「真心」や、事物にふれたときの感情、「もののあはれ」こそ日本古来のものと考えます。儒教や仏教の理論や道理によって理解しようとする「漢意(からごころ)」を捨てたところに「真心」があるとし、古来の神々や天皇の統治はそれが受け継がれてきた「惟神の道(かんながらのみち)」だとも言うのです。
 神話でスサノヲがアマテラスに会おうとしたとき、私心や敵意がないことを示さなくてはなりませんでしたが、こういうふうに嘘や偽りのない、後ろめたい気持ちがないことが古来から求められたと考えられました。
 平田篤胤にうつります。彼は真淵や宣長とは面識はありませんが、儒教や仏教の混じっていない「惟神の道」が復活した神道、「復古神道」を発展させようとします。幕末が近づくと神々の子孫である天皇の絶対性を説く「復古神道」は、討幕運動に大きな影響を与えます。とまあ、平田のキーワードは受験的には「復古神道」なのですが、神道が明治政府と結びつくことによって、例えば廃仏毀釈という仏教への弾圧があって、多くの寺院や仏像が壊されていきます。今でも首が取れている石仏があちこちに見られるのは、純粋な日本らしさを求めた平田の影響ともいえます。
 俯瞰します。留学したり、海外文化に接すると「日本文化とは何か」を否応なしに考える、と言われます。同じようにグローバル化が進んで国際的な基準で生活するほど、人々は日本の文化について意識するようになり、そういう風潮があちこちに見られます。それは自分らしさを探る作業と重なるところがあるでしょうが、本来の日本らしさとはいったい何でしょうか。そもそも日本らしさを求めるのはなぜで、日本らしさを追求した結果や影響は何でしょうか。ここでは答えを出すことはできませんが、国学をこうやってかじることでヒントというか、対象化する視点ができそうです。
No47表
No47裏



このページのトップヘ