高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

 ソシュールの構造主義以降、「世界は言葉で分節されている」、「世界は言葉でできている」という認識が主流になります。いやそうは言っても科学技術は使われている、のですが科学の方法それ自体や、科学の位置づけも転換がはかられています。ポパー、クワイン、クーンの考え方を区別しよう。
 これらは科学技術の実用性を前に沈黙を強いられていた人文系の人々が、科学者に対して主張ができる根拠になっています。裏面のアマルティア・センは政経でも出てきます。
倫CS36③表
倫CS36③裏






 レヴィ・ストロースもまた、西洋の理性を批判します。南米の諸部族の調査から、彼らにも西洋の理性同様、一定の論理性や記号体系があることを見出します。この記号体系はソシュールが言語のうちに見出した構造に通じます。これらを構造主義と呼びます。
 フーコーもまた理性が狂気や異常を創りだすことを指摘します。狂気や異常とは学問や歴史認識が産んだもので、あらかじめ存在するわけではない、というわけです。
 当たり前のように使う言葉や習慣、歴史観や学問が当然のことではなく、相対的、人が囚われていると考える、ソシュールの言葉、レヴィ・ストロースの文化や習慣、フーコーの歴史や学問への認識は、私たちの土台を突き崩し、クラクラさせます。けれどそういう考え方があることを知っておくことは視点を広げます。
 ヴィトゲンシュタインはちょっと取っつきづらい、初期の写像理論と後期の言語ゲームを分けて、その上で過去問で慣れていこう。
倫CS36表
倫CS36裏

倫CS36②表







 今回の単元は、労働問題です。
 いずれ就活、就職した時に、働くことの歴史や法制を理解していることが強みになりますし、近いところではアルバイトした時に労働基準法を知っておくことは、直接役に立ちます。「お皿割っちゃったら、その分差し引かれた給料が支払われるのか」、「休憩時間はどのくらいか」などたくさんのヒントが定めてあります。
 この単元では、法律や制度が多く問われます。法制を軸にして、それとは別に羅列的でキツく感じられるのが、労働運動の歴史です。
 No55の(2)では問題そのものが、「失業者の定義」を説明しています。正解かどうかだけでなく、読み込んで下さい。主婦や主夫は失業者かとか、月にたった2時間でも仕事をすれば失業者に含まれないとかこの定義そのものの課題も見えてきます。
 現代の日本においてはこの働くことの制度を今後どうしていくか、が未来へ向けて大切になります。
よりより法制はどのようなものがありうるか想定していくと、結構量のある法制でも深く理解できます。
CSNo53表
CSNo53裏
CSNo54表
CSNo54裏
CSNo55表
CSNo55裏

このページのトップヘ