高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

 今回は江戸時代の古学派です。
 古学派とは山鹿素行、伊藤仁斎、荻生徂徠の3人が主ですが、この3人には師弟関係はありませんし、学ぼうとする方法は異なります。ただ、共通しているのは朱子学への批判として、儒教の元々の教えに戻ろうとしていることです。朱子学を始めた朱子は12世紀の人、一方孔子は紀元前6世紀、孟子は紀元前4世紀の人でだいぶ時代が異なっていました。3人は孔子や孟子から学ぼうとします。
 違いをざっくり言うと、山鹿素行は孔子らの精神に立ち戻ろうとし(古学)、伊藤仁斎は孔子らの原典に直接あたり(古義学)、荻生徂徠は古代中国の文法にまで戻ります(古文辞学)。例えていえば、ルソーの『社会契約論』を理解するのに、山鹿はルソーの精神を、伊藤は直接『社会契約論』を読み、荻生は当時のフランス語も理解しようとします。
 その上で、山鹿のキーワードは「士道」、「聖学」。伊藤なら「仁」、「愛(仁愛)」、「誠」、「忠信」、荻生は「先王の道」、「経世済民」、「安天下の道」あたりとなるでしょう。
 伊藤仁斎のキーワードに「仁」や「仁愛」が出てきました。朱子学にとっても「仁」は大切な言葉ですが、どうしても理に基づいて、というか正しい理を知っている者が行うことができることがらとして解釈されます。それに対して伊藤は、仁とは日常生活において自然にあらわれる思いやりのことを指します。「仁を一語によっていいつくそうとすれば、愛だ」、「愛から発するときは本物であるが、愛から発しないときはいつわりのものにしかすぎない」とも述べています。少し俯瞰してみると、「本当の愛とは何か」は考えるに値します。本人の望むことを実現することとは限らないことは、例えば8歳の子が「痛いから歯医者になんて絶対に行かない」と言ったとき、その通りにすることは愛とは思えません。では本当の愛はどういう条件を備えているのでしょうか。伊藤はそうやって理で考えることを戒め、「『本当の愛とは何か』は自然な思いやりのことだし、論語を読んで」と言われそうです。けれどでは「自然な思いやりとは何か」と考えてしまいます。愛とは何でしょうね。 
 荻生徂徠の「経世済民」は、現在の「経済」の原語です。孔子が求めた道とは、古代中国の先王、理想的な君主が定めた人為的なもの、目的は天下を安んずる「安天下の道」、そのためには「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」ことだとしました。この頃から社会は人為的に成り立っている、という視点が生まれてくるのです。弟子の太宰春台は『経済録』の中で「富国強兵」を論じています。こうしてこれまで道徳と政治は結びついていましたが、政治の本来の目的が何かが問われてくるようになったのです。


No46表
No46裏

 今回も江戸時代の思想を学びます。
 朱子学という官学に対して、批判や疑問が生まれてきます。中国の朱子に対して王陽明がそうであったように、朱子学が形式にとらわれてまさに形骸化、外面にばかりとらわれて心の自発的な働きを妨げているとしたのが中江藤樹です。彼は朱子学への疑問から武士を辞めてしまいます。
 中江藤樹のキーワードは「孝」、「愛敬(あいけい)」、「良知」、「知行合一」、「時・処・位」あたりでしょうか、「時・処・位」は外面ではなく、自らの内面に従って、時と場所と位(身分)に応じた振る舞いを求めます。位(身分)がちょっと違和感があるでしょうが、その身分が違っても人間が根本とすべき考え方は平等で、その根本が「孝」です。「孝」を手っ取り早く言ったのが「愛敬」、真心をもって人と接することだというのです。
 中江に学んだ熊沢蕃山は幕府から幽閉されていますし、陽明学者の大塩平八郎は乱を起こします。中国でも朱子学と陽明学は対立していました(性即理と心即理、格物致知の解釈などです。忘れていたら復習しましょう)が、同じ儒教という枠にありながらの近親憎悪は、カトリックとプロテスタント、スンニ派とシーア派、仏教内部でもありました。似ている方が対立しやすいのでしょうか。
 ちなみに日本の学校では号令、「起立、礼」がありますが、これは儒教的な慣習です。朱子学ならその形式ができていれば善しとされるでしょう。陽明学なら内面が伴わなくてはなりません。とすれば尊敬できない苦手な先生に対する「起立、礼」はどう振る舞うことがよいのでしょうか。日本の学校は「世の中に出た時のために」という要請から成り立っている部分が多いので、社会人になっても礼法は求められます。尊敬できない苦手な上司への礼法、どうしますか? 
 今回、下にある過去問は必ずしも陽明学のものではありません。江戸時代の問題はこうやって、系統の違う人が並べられて理解できているかが問われます。ここでも最初からスラスラは解けないでしょう。一方でその人の基本的なキーワードを知らないとゴチャゴチャするだけですので、「過去問だけやる」スタイルも入りにくいでしょう。「基礎を入れたあと過去問、その上で像をハッキリさせていく」ことをおすすめします。

No45表
No45裏







 今回は江戸時代の儒教を中心に学びます。
 江戸時代はちょっと踏ん張りどころです。人の数が多くて区別しづらく、また国内のことなので割と細かいことが問われます。日本史受験者は一石二鳥でしょうが、それ以外の人は人名だけでも苦戦します。ただこれもいつもと同じ、自分が苦しい単元は、多くの人が苦しい。逆にそこを何とかするとアドバンテージになります。

 儒教はもともと聖徳太子が憲法十七条で、「和をもって貴しとなし、さからうことなきを宗とせよ」とか「詔を承りては必ずつつしめ」と定めていたように、大陸の進んだ文化として受け入れられてきました。歴史上、江戸時代になるまで前面に出ることはありませんでしたが、仏教の僧たちが教養として学んでいたので脈々と息づいていました。江戸時代に出てくる儒学者たちは僧出身者が多いのです。
  ここでも〈人名・キーワード・内容〉を結びつけることが早道です。林羅山なら「上下定分の理」、「居敬窮理」、「存心持敬」あたり、山崎闇斎なら「垂加神道」、新井白石なら幕府の顧問になったことや著書『西洋紀聞』、雨森芳洲なら対馬藩で朝鮮との外交や「誠心の交わり」あたりになるでしょう。ちなみに山崎闇斎は仏教を批判して、ゴーダマ・シッダルタは妻子を捨て、一人で悟りを開くなど身勝手でその者から始まった仏教は邪教だとして、朱子学と神道を結びつけています。これがのちに幕末の志士たちへも影響を与えます。
 朱子学が幕府の官学、つまり公式の学問となり、1790年の寛政異学の禁では、朱子学以外の講義は禁止されました。朱子学はざっくり言えば幕府が求める秩序を維持するのに都合がいい考え方だったのです。しかし中国における朱子学がそうであったように、ビックな官学というテーゼへの疑問、批判から新しい考え方、アンチテーゼが生まれていきます(陽明学や古学派、国学など)。また安定した秩序の下で江戸時代の人々の往来や娯楽が生まれていきますので、朱子学を単純に悪玉扱いするのもまた難しいでしょう。ただ、現在でも「若造は黙ってろ」的な「それが自然の秩序」と不合理な慣習を求めるおじさん達がいて、朱子学的な考え方を背景にしていますので、批判的に学んだ方が理解しやすいかもしれません。

No44表
No44裏


No44裏②


このページのトップヘ