高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

2018年07月

 インフレやデフレは国民生活を左右しますので、中央銀行である日銀は、世の中に出回る通貨量、これをマネーストックといいますが、マネーストックや物価の動向を注視し、調整します。
 この調整を金融政策といい、金融政策の3本柱の種類と内容を理解するのがポイントです。
 このうち、3本柱の2つ、公定歩合や支払準備率(預金準備率)は金融ビッグバンで金融機関は金利を自由に設定するようになったので、現在は使われていません。使われてはいませんが、金融政策の原理というか「日銀から市中銀行への貸し出しの金利が下がれば、市中銀行が一般の人に貸し出す時の金利も下げる」という基礎を理解するのに便利ですのでここから理解し始めましょう。

page001
page002
page003


 今回の単元はインフレとデフレを理解します。
「なぜインフレになるのか」、「インフレなるとどのような影響があるのか」という
原因と影響を、混ぜずに分けて考えることがポイントです。

 「なぜインフレになるのか」原因は大きく2つ。
ディマンド・プル・インフレという需要が引き起こすインフレと、
コスト・プッシュインフレという供給が引き起こすインフレに分かれます。

「インフレになるとどのような影響があるのか」は、実質賃金や借金の負担、年金など立場によって、いい影響も悪い影響もあります。それらを区別します。

「仮に金融市場と財市場があり、外国との取り引きがなく、商品は1種類だけが貨幣を使って取り引きされると考えよう。このとき、何がデフレの原因となっているのか、またデフレはどのような弊害をもたらすのであろうか。100字以内で記せ」(早稲田大学)

また、原因と影響が理解できると、
借金をするのはインフレ時が有利か、デフレ時が有利かとか
今は預金した方がいいかな、それとも消費する方がいいかなとか
家計にも役立つはずです。

page001
page002



 ある国のGDPが500兆円から550兆円に増えれば、名目経済成長率は10%です。
ここまではわかりますが、物価が上下していれば、物価の上下分を加味します。これが実質成長率ですが、ここを理解することが苦戦するようです。

 前回のGDPから国民所得(NI)への変換は、引き算と足し算でした。今回はGDPデフレーターという数値を使った割り算を含みます。
 物価が10%上昇していたら、GDPデフレーターは110、
 物価が10%下落していたら、GDPデフレーターは90として、公式に代入しましょう。

 計算が含まれるだけで拒否感を持つ人がいますが、計算は単純ですからこれも問題を通じて慣れましょう。繰り返しますが、こういう文系の人が苦手意識が出やすい単元で差がつきます。私が苦手なところは多数の人が苦手としているところ、そこをどうするか、です。

 「高度経済成長」と呼ばれたのは、実質成長率が毎年10%近かった時期のことを指します。実質成長率が高ければ、生産は活発で、失業率は低く、所得も上昇します。

page001
page002
page003

 今回の単元は、経済の状況を把握するための指標を理解します。
いずれも国際的に同じ基準で計算されますので、他国と経済の状況を比較するのに便利な指標です。
この指標は主として2つあります。
 (1)ストック(代表例は国富)
 (2)フロー(代表例はGDPや国民所得)

 ただ、この単元は苦手意識を持つ人もいます。ストックの方のポイントは、何が含まれ何が含まれないか、です。とりわけ現金や預金や有価証券は含まれません。フローの方のポイントは、GNPから国民所得を計算していく時に、何を引いて何を足すのか、です。とっつきにくいですが、でも単純な足し算と引き算です。出題は簡単な年も難しい年もありますが、難しい過去問に触れて慣れていきましょう。この単元も、受給曲線と同じように平均点付近にとどまるか、高得点を得るのか差がつきやすい単元です。

page001
page002
page003

 今回の単元は仏教です。
 仏教の用語は聞いたことのあるものが多いので、それぞれの意味は区別はだいたいできます。ただその分、問われる内容は深入りしていますし、また用語と用語の関係、つながりがわかりにくいのが特徴です。例えば四苦、四諦、四法印、三毒、三宝、など漢数字を含んだキーワードそれぞれの意味はわかるのですが、それぞれの関係がわかりにくいのです。
 早めに用語を定着させて、多くの問題を解く。解いて間違えながら理解していくのが早道です。

07仏教

07仏教Ad

07仏教Cha




このページのトップヘ