高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

2020年09月

 今回は公害や環境問題を理解していきます。
 出題の種類は多岐にわたりますが、やはりここでも法律がいくつか出てきますので、それらを内容を理解すること。そして1992年の地球サミット以降の国際的な取りきめ(京都議定書やパリ協定)がポイントになりやすいです。


CSNo51表
CSNo51裏
CSNo51②表
CSNo51②裏










今回は消費者問題を理解します。
残念ですが、消費者問題はこれからも起きていきます。法律はだいぶ整備されつつありますので、それが活かされれば減らすことはできそうです。今回はその整備されつつある法律を区別し、何ができるのか理解することがポイントです。


CSNo52表
CSNo52裏










今回は日本の農業を理解します。日本の農業の課題は主に二つ。農家や耕地面積の減少と自給率の低下(輸入の増大)です。今では約500兆円のGDPのうちの1%産業になってしまいました。後の単元、国際分業を進める立場の人たちからは「狭い耕地の日本では不利なのだから農産物は買えばいい。安く買えるということは外国に農地や農家を抱えているのと同じ」とも主張されます。では日本の農業はこのまま衰退してもいいのでしょうか、考えながら臨んでみて下さい。

CSNo50表
CSNo50裏

CSNo50②表
CSNo50②裏
CSNo50③表
CSNo50③裏



今回は財政政策を理解します。
日本の歳入と歳出は約100兆円です(GDPは約500兆円)。この100兆円の元手、どうやって手に入れ、何に使われている、何に使われてきたのでしょうか。この国がどうあるべきかを想定する時、それを実現するためには何らかの資金が必要なはずです。お金の元手や使い途をよく見てみると、この国がどういう国か判明します。

CSNo42表
CSNo42裏
CSNo43②表
CSNo43②裏
CSNo43裏


今回は日本経済の歴史を振り返ります。金融政策や財政政策が歴史上どう展開されてきたかも含まれていますので、金融政策や財政政策の理解が曖昧だと正解できません。間違えたら、テキトーに理解したつもりにならずにもう一度きちんと振り返りましょう。

CSNo44表
CSNo44裏
CSNo45表
CSNo45裏
CSNo46表
CSNo47表
CSNo48表
CSNo48裏




このページのトップヘ