諸子百家のうち、儒家と道家はあとでふれますが、それ以外も問われます。法家と墨子、墨家が要注意です。
 孔子の教えは、彼と門人たちの言行録、『論語』に伝えられていますが、受験上のキーワードは仁、その原型である孝悌、仁の外面的あらわれの忠と恕です。
 儒教は東アジア、現在の日本にも影響が残っています。功罪両面あると思いますが「この考え方でいえば社会や人間関係にどんな影響があるか」を想定しながら学べるとわかりやすいかもしれません。具体的に述べましょう。唐突ですが、あなたが教員だとしていじめが絶えないあなたのクラスをどうしますか?ザックリ言えば諸子百家はこうします。儒家は人として生きる「道」を説こうとするでしょう。法家ならいじめた側を厳罰に処すでしょうし、墨家なら兼愛やいじめることの不利益も説くでしょう。道家は放置するでしょうか、それともいじめは不自然だと嘆くでしょうか。諸子百家は現在の具体的な問題の対応の参考にもなるんです。
倫CS14表
倫CS14裏