人間理性の正しさをより鮮明にしたのがデカルトです。全てを疑う方法的懐疑によって、確実な原理からすべての知識を見出す方法、演繹法を用います。
世界の一切を正しく認識することができる理性。高校生にとっては感情や情念よりも理性が重視されるのはあたりまえかもしれませんが、俯瞰すると、この理性の優位が原爆や民族浄化、クローン人間などを生みます。それら批判、デカルト批判についてはまた別単元で。
倫CS22表
倫CS22裏