今回の単元は、キリスト教を理解します。

キリスト教は、イエスの隣人愛やアガペーは難しくありません。むしろポイントは、アウグスティヌスやトマス=アクィナスの考え方を理解することです。
イエスの死後、教団や教会の発展してくるとどのような考え方が正統かをめぐって論争がおきます。例えば「なぜ、人間は悪を欲してしまうのか」、「理性と信仰が矛盾しないのか」などです。
アウグスティヌスやトマス=アクィナスはそれらに答え、カトリック教会を理論面から整えていきます。
アウグスティヌスのキーワードは、恩寵、自由意志、神の国。
トマス=アクィナスのキーワードは、スコラ哲学、「自然は神によって秩序づけられている」、です。
これらは、微妙なニュアンスが問われれますので、問題を解いた方が理解が早いでしょう。
05キリスト教

05キリスト教Ad

05キリスト教Cha