高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

カテゴリ: 宗教


今回の単元は、陽明学と老荘思想を理解します。
No9(第9回)の朱子と、今回の王陽明は少しやっかいです。それぞれ性即理と心即理、理気二元論と理気一元論という言葉は覚えられても、その意味する内容がわかりにくいです。対照させたり、混同させたりの出題になるでしょう。これについても問題を解くことで理解した方が早いです。

一方、老荘思想は自然のまま、ありのまま。人為を嫌います。こちらも他の諸子百家と対照、混同させる出題もありますが、老子と荘子の違いも明確にして下さい。
受験勉強をしていると、「大道廃れて仁義あり」とか、心斎坐忘、逍遙遊の境地には惹かれるものがあるでしょう。
でも、大学受験が終われば、「自由すぎて怖い」毎日が待っています。その時のために…

10朱子学、老荘

今回は孔子よりあとの儒学を理解します。
孟子、荀子、朱子、王陽明、(董仲舒)が出てきます。このうち、董仲舒は、孟子が整理した四徳(仁・義・礼・智)に「信」を加えて五常にした人です。

最も細かくてやっかいなのは、孔子の考えを整理した孟子です。孟子のキーワードとその意味を他と混ざらないように区別するのがポイントです。
09孟子と荀子
09孟子と荀子Ad


今回の単元は仏教です。
仏教の用語は聞いたことのあるものが多いので、それぞれの意味は区別はできます。ただその分、問われる内容は深入りしていますし、また用語と用語の関係、つながりがわかりにくいのが特徴です。

早めに用語を定着させて、多くの問題を解くのが早道です。

07仏教

07仏教Ad

07仏教Cha




今回は中国の諸子百家を理解します。
春秋戦国時代に富国強兵という要請に応えて、さまざまな学派が生まれました。このうち儒教は、仏教にもそういう側面はありますが、東アジアの私たちの社会に今でも強い影響力を持つことが、学べば学ぶほどわかります。

カギは、人物、キーワード、その内容です。諸子百家のうち、儒家と道家の2つは、区別のために少し細かい理解が必要です。

08諸子百家
08儒家Ad08儒家Ad




今回の単元は、キリスト教を理解します。

キリスト教は、イエスの隣人愛やアガペーは難しくありません。むしろポイントは、アウグスティヌスやトマス=アクィナスの考え方を理解することです。
イエスの死後、教団や教会の発展してくるとどのような考え方が正統かをめぐって論争がおきます。例えば「なぜ、人間は悪を欲してしまうのか」、「理性と信仰が矛盾しないのか」などです。
アウグスティヌスやトマス=アクィナスはそれらに答え、カトリック教会を理論面から整えていきます。
アウグスティヌスのキーワードは、恩寵、自由意志、神の国。
トマス=アクィナスのキーワードは、スコラ哲学、「自然は神によって秩序づけられている」、です。
これらは、微妙なニュアンスが問われれますので、問題を解いた方が理解が早いでしょう。
05キリスト教

05キリスト教Ad

05キリスト教Cha



このページのトップヘ