高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

カテゴリ: 進路の疑問

(4)総合型選抜で受験するかの決断

 多数派の受験生は、「ダメもとで」とか、「一般選抜重視だけど一応」とか、
とある程度、気軽な気持ちではないとしても、チャンスを増やすつもりで受ける。
 ところが、練習すればするほど、例えば自分が研究したいことや、志望動機をよく考えているうちにその学校に対する熱意が強くなってくる。いつしか「落ちることができない」「絶対受かってみせる」という気持ちになるし、またそういう気持ちでなければ受からない。手続きや対策で一般選抜に向けての受験勉強の時間も削らなければならない。
 よって、「ダメもとで」とか「とりあえず」という動機だったとしても、不合格だったときには、ショックを受ける。このショックの大きさは人によって違い、3日で立ち直る生徒もいれば、3ヶ月以上引きづる場合もある。長引くと、その後の共通テストや個別試験へも影響を与える。

 「どうしても別の表現をしておけばよかったと思い返してしまう」とか、
 「あの学校の校門へ再び行くのが怖い」、
 「あんなに時間をかけて、受験勉強の時間を削って対策したのに、意味がなかった」、
 「初めて勉強でつまづいたので、すべての自信が無くなってしまった」、

など、本人が想定していた以上に後悔の時間が長くなり、引きづることがある。よって、総合型選抜を受験するかどうかは覚悟が必要である。
 不合格だったとしても、当初、理性的に考えていた通りに次の目標へ向かう覚悟。
 総合型選抜が行われた翌日から、一般選抜に向けて遅れを挽回する覚悟。
 「受かったかも知れない」ではなく「落ちたと思って」受験翌日から次に向かう覚悟。

 覚悟がないならはじめから一般受験の方がいい。チャンスが増えるのではなく、受験したばっかりに実質的なチャンスを減らすことになる。

 確認してよう。もし不合格だったら、どうしようと考えているか。

 今、理性的に考えていることを、もし不合格だった場合に実行しよう。不合格が決まるとしばらくは理性的でいられないから。結果が出ていない今だから、落ち着いて考えることができる。

 そもそもこの受験という試練、私立の指定校推薦で決まっている生徒が、決まっていない、受験でもがいている生徒に対して「がんばっているアイツら、ちょっと羨ましいなあ」とか、「合格していて嬉しいけど、自分は置いていかれているのではないか」と感じるある種の寂しさが示しているように、結果はともかく、受験を通じて大きくなることができる。

 進学先で自分は何をし、そのために学校や学科をどう選ぶのか。自分が研究やつきとめたいことは何で、どこの大学ならそれをするのにいちばん適しているのか。過去の自分を振り返るときに、今まで一番感激したこと、一番嬉しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと、寂しかったことはどんな時だったのか。それを考えたり、振り返えることは、今まで自分でも気づかなかった自分を知ることでもある。入試への対策を通して、自分を知り、創っていくことができるのである。それこそがこの入試方法の価値であり、醍醐味ともいえる。

 総合型選抜では、高校生でも就活並の自己分析が必要といわれる。いずれ就活を迎えた際にも役立つ。
 あなたは、受験の結果はともかく、必ず大きくなる。

 小論文のみ、志願理由書(学びの履歴書・学びの設計書)のみの人も、次の面接編を見てほしい。

第3章 合格したら


頑張った成果
 めでたく君は大学に合格した。今までの高校生活をがんばった結果であり、面接や小論文対策を通じて、自らを振り返り、表現できるようになった結果である。
 もう一般選抜に向けて、教科の受験勉強はしなくてもいいかもしれない。あの受験勉強という奴は、苦手教科を中心に「何でこんなことしなきゃいけないの?」、「数学が存在しない世界へ行きたい」と思ってしまうような虚しい面がある。その虚しさや、「自分の行き場はないんじゃないか」、「滑り止めの私立に落ちてしまったら、どうすれば良いんだろう」という不安から、合格した君は解放される。
 発表される頃、学校の授業は受験に向けての仕上げの時期だろう。模試であなたはある教科で自分で満足できる点数の80%をとった。一般選抜に向けて受験勉強しているクラスメートも同じように満足できる点数の80%だったとして、その時感じる不安やプレッシャー全く異なる。君にとっては大したことはない出来事でも、クラスメート達にとっては、せっぱつまった、焦る出来事なのである。同じ出来事でも臨む姿勢や置かれている状況で、受け取り方が異なる。


受かったことで損をしていないか
 早めに受かったからこそ、損をする可能性がある面が3つある。あなたも落ちていたら一般選抜に向けて取り組んでいただろうから想像はつくだろうが、念のために確認しておこう。
 一つは、その「落ちたら行き場がない」という不安を経験していないことだ。周りと比較して劣等感を感じたり世の中から取り残され、自分が必要とされていない感覚。落ちた人や、一般選抜に専念している生徒は、不安を覚える自分と毎日闘っている。だからこそ、現役かはわからないとしても、合格発表の日は泣いて喜ぶことができる。そして、そうやって闘いを超えてきたことで自分に自信を持つことができる。その経験を君はしていない。
 世の中には高校受験の時には前期選抜、大学受験の時も総合型選抜や学校推薦型選抜という人が存在する。ずーっと推薦。受験者数よりも、定員の方が多い時代にあっては珍しいことではない。私自身がひがんでいる可能性もあるかもしれないのでそこは差し引いて考えて欲しい。が、そういう人がいざ「実力」でしか勝負できない場面になった時、例えばビジネスでの大事な取引や入札、国家試験や採用試験などを前にした時、どんな勝負をするのだろうか。劣等感や先の見えない不安と半年以上、毎日戦ってきた人と、身についている実力や自信に差がないかどうか。
 次に、大学入学後は「君は総合型選抜(や学校推薦型選抜)で受かった○○さんだね」ということが付いて回る。直接言われないだろうし、そう見られている訳ではないかもしれないが、そう感じながらの生活となる。体育系の大学や学部で、高校時代の競技成績や実技試験で合格し入学した場合は、その大学の体育会系運動部に所属することになるだろう。その運動部を途中で辞めることになった場合、事実上は大学も辞めなくてはならない例があると聞く。ひどい仕打ちとも思えるが、一方で入試の時には「大学でも競技を続けていきたい」と面接して他を押しのけて合格した訳だから当然という主張も理解できる。ここではその是非には深入りしないし、他の学部・学科はここまでは極端ではないだろうが、一般選抜ではない方法で合格したことは付いて回る。
 面接や志願理由書で「入学後の計画」をどう表現してきただろうか。その通りの大学生活ができなければ、君は嘘つきということになってしまう。「受かっちゃったら関係ないもんねー」と開き直ることは可能だが、嘘はいけないということではなく、「いい子のふりして生きなさい」という意味でもない。合格発表の日までは、あんなに本気でちゃんとやりたいと思っていた自分を裏切ってしまうことが問題なのだ。

 だから、受かった今だからこそ、受験学力もつけながら、入学後の計画や設計をしたそのことを逆算して、今できることを進めていこう。受験対策でクセをつけてきた「考える」ことも継続しよう。総合型選抜で受からなかった生徒と同じように学習を続けなければ、多数派、一般選抜組と同等の学力を持てないままの入学になるかもしれない。よくある例は合格後、定期テストや模試の点数がズルズルと点数が下がっていく例、ひどい例では模試で受験する科目を減らしていって、なおかつ点数も下がっていく例。それらは受験学力へ向かう必死さが違うのでやむを得ない面があるとしても、大学から入学前に貸されているレポートをテキトーに仕上げたり、スマホをいじる時間が増えるだけだったら、自分を傷つける。面接で主張した計画や設計を進めていこう。


まだ受かっていない生徒との関係
 三つ目、前期で受かっていない君の親友や同級生との関係が難しい。君はもちろん実力で受かった。一般選抜向けの受験学力ではないが、ある種の「実力」であることは確かだ。しかし、その実力を出し切ったと思ったのに、落ちた子もいる。未だ受かっていない彼らは不安な闘いを続けているわけだから、君への風当たりが強くなるのは避けられない。
 次の文章は、高校の前期選抜に落ちた中3生の『生活記録』である。

「今日は、前期の結果がでました。予想していたので私は自分の結果ではあまりショックを受けませんでした。けれど○○が受かったようで、心から祝福したいと思いながら、どこか複雑な気持ちがわいてきた自分にすごく怒りを感じました。私はどこかで○○をライバル視していたのかもしれません。ここは想定していた最悪と違う気持ちなので、そんな自分が本当に嫌になりました。」

 彼女は素直に振り返り、自分の感情を表現できるから、こう書けた。まだ受かっていない彼女たちは、受験への不安、受かった生徒へのうらやましさ、受かった生徒に意地悪な感情を持つ自分への嫌気、と二重、三重の感情を抱えている。中学生ですらそういう感情を持つ。
 合格した君は、もっと大変で、大切なこと、人間関係を引き受けなくてはならない。高校を卒業したら顔を合わせなくてもいい、関係なくなる人がいるかもしれない。しかし、今そばにいるその人たちを大切にしない人が、君が向かおうとしている次のステージにいる人を大切にできるのだろうか。ここではないどこか別のところにいる人なら大切にできるのだろうか。
 「こうすればいいよ」なんて簡単には言えない。昔の人は「汝が欲することを人にほどこせ」、「己の欲せざるところを人にほどこすなかれ」そんなふうに言い伝えてきたが、君がどんな顔で毎日過ごしたらいいのかは教えてくれない。
 先輩の例を二つ。ある先輩は国立の自己推薦で早めに合格したので、学校に黙って自動車免許を取りに行っていた。教員のいない昼休みに「昨日の教習で坂道発進できなくてさあ」と嬉しそうに騒いでいたという。もしかしたら周囲が頑張っていていることの寂しさからの表現だったのかもしれない。しかし、その先輩が周りからどう見えたのか、想像つくだろうか。
 別の先輩は、合格した後も図書館で自分が進む分野を静かに探究していたし、放課後補習も欠かさず参加し、真剣に取り組んでいた。考査も模試も下がらなかった。すべての時間でベストを尽くそうとしていた。周りの生徒は彼女が合格しているなんて気づかなかっただろうと思う。
 どちらの先輩が、別の小さな場面でも、まだ受かっていない生徒を支えてきたのかは予想がつくだろうし、どちらの先輩が周囲から信頼されているのか、これからの世の中でも必要とされ、活躍していくのかも予想がつくだろう。
 合格発表の日から卒業式や一般選抜組の合格発表の日まで時間がある。この時間は、あんなに信頼し合ってきた仲が、君が早めに受かったばっかりに、それが引き裂かれてしまうかもしれない大切な時間であることは忘れないでほしい。

(9)個人面接と集団面接

 面接は、大きく分けて個人面接と集団面接の二通りある。やりやすいのは個人面接、難しいのは集団面接やグループ討論の方である。
 順番にまずは個人面接から見ていこう。ここでは始めにも受験生の考え方、発想の勘違いを指摘しておこう。それは、面接官はあなたに矢を射かけてくる敵ではないということ。
 質問という厳しい矢を放たれるので、盾で防御しようという発想は誤り。そういう発想だとあなたの回答は硬く、面接官側が興味を抱きにくい内容や印象になってしまう。
 面接官の先生方は慣れているので、あなたが言い直ししたり、噛んだりは全然気にしない。が、総合型選抜とはあなたの方が自主的に受験しに来て、伝えたいことがあるのであって、面接官は評価する側であることは間違いない。そうだとしても、敵ではない。面接官側も「この受験生といずれ同じ研究室で一緒に時間を過ごすとすればどうかな」という視点を持っている。理想的には途中からは和やかなムードで、互いに自然な笑顔が出るような面接にしたいし、和やかなムードになったり、「面接しているというよりは途中から会話しているみたいでした」という受験報告で落ちた生徒を知らない。
 が、なかなかそうはいかないだろう。意図的に会話をつくりだすのは難しいし、笑顔が合格の鍵でもない。ただ少なくとも開かれた姿勢、会話のキャッチボールをするようなオープンな姿勢では臨んでほしい。


 次の集団面接について。
 集団面接やグループディスカッションにおいて、まず気をつけたいのは、自分の言いたいことを一方的に主張し、言いっぱなしの表現はプラスの評価はされないことである。あなたの得意なテーマで討論することになり、正解に近いことを知っていたとしても、前の発言者が誤りに近いことを主張していたとしても、得意げに誤りを指摘し、一方的に「正解」を主張するのはよくない。
 逆にまったく発言しないというわけにもいかない。これは入試なのだから。
 大学が集団面接という形態をわざわざ用いているのは、受験生が他者の発言をどのように聞いているのか「聞く態度」を見ているから、と考えたほうがいい。世の中に出て問題を解決する際には、多くの場合はチームプロジェクトや組織として解を出していくこともあり、大学もコミュニケーション能力を見ている。実際に多くの大学のアドミッションポリシーには「コミュニケーションリテラシー」が含まれている。

スライド32信大人文AP

 次に2つの大学のグループディスカッションにおける評価基準の例を見てみよう。評価基準のことをルーブリックといい、面接室や面接官によって評価にズレがないように基準をつくっている。あくまでHPで見ることができる、一部の大学の例であるが、面接官が受験生の何を見ているのか参考になる。

スライド31ルーブリック

 誰かが意見を述べている時には、視線を合わせたり、相づちを打ったりという動きも必要というか、黙ってただ聞いているのはよくないことがうかがえる。

 そして、自分が発言する際に、次の例のような前置きを入れてみたらどうだろう。

 「前におっしゃった方と似ていますが…」、
 「今までお二人の意見を聞いて思ったのですが…」
 「前の方は○○を念頭においてそう主張したのだと思いますが、××に視点を移すと逆に…」、
 「今までの議論から、争点は○○ということになると思いますが、私も××を懸念しますので…」
など、他者の発言を受けていることを示す前置きをしていこう。

 次に集団面接が難しいのは、マイペースでいられないことである。自分の前に発言した人が、自分と同じ主張をしてしまった場合、逆に前の人が自分と反対の主張をして、反論を含めて主張しなくてはならない場合など、パッとすぐに応えるのは難しい。英語のディベートに慣れているような人は有利かもしれないが、多くの受験生は簡単ではないだろう。
 難関の国立、O女子大学のAO入試に合格した先輩がいた。倍率はだいたい13倍。その大学は集団面接の他に、360分間でのレポート作成、20分の個人面接も課される。その入試の集団面接20分間のうち、彼女が発言できたのは3回程度、他の受験生のアピールがすごくて、気後れしたと振り返っていた。大学側が受験生の何を見ていたのかは明らかにされていないが、集団面接において彼女は周囲の主張を落ち着いて理解した上で、的を射た自分の考えを、少ない回数ながら述べたことが予想される。そういえば彼女は授業中もよくうなずいたり、首をかしげたりしていた。強くアピールすることだけが合格に近づくわけではないことがわかる。
 集団面接は練習が難しい。大学や学部、学科が違えば問われるテーマや出題傾向が異なるので、自分の高校で面接の練習をするために人を集めるのが簡単ではないから。多くの受験生は集団面接についてはぶっつけ本番になると覚悟して臨んだ方がいい。その上で例えば「探求」やLHR、通常の授業で周囲と討論するような場面があったらそれを生かしたい。誰かが意見をのべている時の聞く姿勢、周囲の意見を受けて自分がどう表現できるか、集団面接の練習だと思って取り組んでいこう。
 こうして見てくると、普段の授業は大切、チャンスにあふれている。


(8)覚えていることができるか。そして緊張のピーク


 これまでのように面接を練習してくると、けっこう答えられる自分に気付く。自分のことも大学のことも見えてきたし、表現したいこともハッキリしてきた。そうすると新しい問題が生じる。それは「本番までに、その長い答えが覚えていられるか」である。
 結論からいえば、暗記する必要はない。面接官の方も、暗記している台詞を呪文のように聞かされることは嫌う。たまに、本当にぶっつけ本番、面接練習も自分を振り返ることもしてきていないという受験生がたまにいて、「何しに来たの?」「うちの大学も舐められたもんだ」というケースもあるから、それよりはしっかり準備した方がいい。でも暗記ではない。
 また、大学のアドミッションポリシーやHPを調べる作業を即席でしてきたからだろうか、それらに使われていた言葉をオウム返しのようにアピールしてくる生徒がいる。「御校のことをキチンと調べたんです」、「私は御校に沿った生徒です」とアピールしたい気持ちはわかるが、大事なのはそこではない。
 大事なのは、繰り返しになるがあなたが学びたい、解決したい計画と大学が持っているメニューをつなげること、「私が学びたいこれを解決するためには、お宅の大学がベストなんです」つながり、マッチングだ。

スライド13マッチング

 高校受験の前期選抜をしていると、面接官に「いいなあ」と好印象を与える生徒がいる。なぜ好印象なのだろう。
 ・暗記していない。
 ・時々、笑顔が混じる。
 ・スラスラというよりは、ゆっくり話す。
 一言でいえば、自然体、平常心。合否のかかっている面接にのぞんでいるとは思えないほど、普通にしている。先ほど、ぶっつけ本番、面接練習も自分を振り返ることもしてきていないという受験生がたまにいることを紹介したが、矛盾するようだが、まれに結構いい面接になって、合格する場合がある。長い時間をかけて自分のことを振り返り、練習してきた受験生からすると腹立たしいことだろうが、そのまれな場合とは、例えばこういう場合。小さいときから昆虫が好きで野山を駆けずり回って、いろいろ調べてきたのでその道ではかなり専門性が出てきて、第一人者の先生や大学もわかっていて、大学入学後も何を突き詰めようとしているかハッキリしているような生徒。面接は表現は荒削りだが、軸ができているので評価される。これはレアなケースだが、新しい入試方法に適合している。
 けれど、多数派の受験生はそうはいかないだろう。ここで伝えたいのはそのくらい、暗記ではなくて、入学後の設計や志望動機のような軸が大切だということ。

 平常心はどうやったら身につくのだろう。
 今までで一番緊張した出来事は何だったか、思い返してみよう。
 部活の大会で勝敗がかかった場面、コンクールで幕が上がる瞬間、文化祭で発表した時、初めてのデートの待ち合わせで約束の時間が迫ってきた時…。
 一番緊張した出来事は人によって違う。しかし、なかなか一度や二度の経験で、「もうどんな場面でも緊張しない」なんて人はいない。今回は合格・不合格のかかった面接。多くの人が「今までで最も緊張」する場面になるだろう。
 面接が始まってしばらくたつと緊張もほどけてくるのだが、最初の一言を発する前、面接室に入るために、ドアをあげる瞬間がピークだという。手に汗握っている自分、季節は冬なのに、背中や脇の下から汗が落ちてくる自分に気づいたりして「あー、ヤバイ」と思う。
 どうすればいいだろう。
 結論は、「悲観的に準備し、楽観的に対処する」こと。つまり、自分が思う最悪の事態を想定して、次に、もしそうなったら「こうしよう」と準備しておくことだ。繰り返すが、
 ・「どんな場面でも緊張しない」なんて人はいない。
 ・面接官は、噛んだらダメ、つまったらダメ、なんて思っていない。
 ・暗記する必要もない。
のである。問われていることは基本3種類。「あれだけ考えて、準備しておいたんだから」、「やるだけのことはやっておいた」と思えれるよう備えておきさえすればいい。丸暗記で呪文を唱えるように表現するのはよくないのだから、忘れたらどうしようなんて考える必要もない。不安がったり、今から緊張して、何かいいことある?あとは当日、面接官と話をするようなつもりで、リラックス。

 先輩たちの受験報告書を蓄積している学校もあるだろう。毎年聞かれていることや、よく聞かれる質問は繰り返し練習する。滑らかに淀みなく答えられるようになる。しかし、その暗記した分だけ気持ちの本気さや熱が伝わらないとしたら結果も良くないだろう。大切なのは伝えようとする内容なのであって、淀みない表現ではない。途切れ途切れでも、身振り手振りでフォローしても全然構わない、言い直したって構わない。過去の自分、志願している自分、未来への計画を伝えよう。
 同様に、「かんだらどうしよう」と緊張するらしい。しかし何回かもうと、合否には関係ない。上手くしゃべれないことだけではマイナス材料にはならない。面接では面接官によってとか、面接室によって採点基準がズレないように評価表、ルーブリックを手元に置いている。あなたの答えを聞きながら、付けている。繰り返しになるが大切なのは、あなたが伝えようとしている内容。丁寧に一生懸命話せば、必ず伝わる。アナウンサーではないのだから、スマートでなくたって少しもかまわない。この点も誤解しないでいて欲しい。

(7)その大学でなくてはならない理由② その大学に触れた経験

 次に2つ目の方法、オープンキャンパス(以下OC)や体験授業へ行った時の印象を述べる方法を見よう。
 仮にあなたが高校入試の前期選抜の面接官だったとしよう。面接に来た中3生がこんなふうに述べた。どう採点、評価するだろうか。あなたの学校に入学したい意欲を感じるだろうか。


 「貴校は、歴史と伝統があり、先日の公開授業でも各教室に電子黒板が設置され、黒板が広くトイレもきれいでしたし、バス停からも近いので学ぶのに適した学校だと思い志願しました。」

 「貴校は、制服がなくて私服で登校していいですし、部活動への参加の任意で、しかも週2日間は休養日にあてられています。自由な校風に惹かれて志願しました。」


 意欲がある感じがするだろうか。しない。工学部などの理系学部で実験設備が整っていることは大切だし、24時間使える図書館があれば魅力的だが、設備や建物は主な志望動機にはならない。就活で完全週休2日制であることや独自の育休制度を設けていることなど、福利厚生が充実していることは主な志望動機にはならないのと同じである。

 OCや体験授業の印象を志望動機につなげたい場合には、人に関わらせるべきである。その大学や学部・学科に関係する人、先生や学生、OB・OGなど人を志望動機にする。
 例えば、OCや体験授業に行った時の内容がちょうどあなたが学びたいことと直結していれば一番いい。が、そんなことは稀、そうでなくても例えば先に挙げた例も参考になる。


「ハイ、他の学校にはない特徴があるからです。なぜなら、OCに訪れた際に案内して下さった学生さんがいたのですが、緊張する私たちを笑わせながら、的確に案内して下さいましたが、この大学の魅力について『先生方はあまり学生に干渉しないけど、研究したい分野は思いっきりできる設備や文献が整っている』と教えて下さいましたし、『私、高校時代はコミュ障で誰とも話しなかったのにこんなふうに変わった』という話をしてくれました。貴校は私たちの力を伸ばしてくれると共に、自らを変えるチャンスを与えてくれる学校だと感じたからです。」


「ハイ、大学見学会で訪れた時の印象が忘れられないからです。なぜなら、案内して下さった○○先生がカイコのクズ繭で油を吸着する実験を見せて下さり、捨ててしまうクズ繭が水質浄化や環境保全に役立つことがわかりました。私が興味があるのは繭ではありませんが、捨てられてしまうような素材や身の周りでありふれている素材が世界に役立つ可能性があって、そういう研究をどんどん考えることができる貴校に惹かれたからです。」


 入学後の学びの設計に甘さがあって十分とはいえないが、学校の実際の姿の一部を見たことは伝えている。
 「その大学でなくてはならない理由」を見つける方法として、その大学のパンフレットやHPからあなたが学びたい最も近いものをピックアップする方法、オープンキャンパスや体験授業へ行った時の印象を人に関わらせて述べる方法の2つを見てきた。


 よかった例、これまでの自分を振り返り、相手の大学を調べた例を挙げておく。

スライド24よい例フォント
 つらい経験だって、志望動機になる。


このページのトップヘ