今回の単元は、宗教改革のあとの16世紀に活躍したモラリスト呼ばれるモンテーニュとパスカル、そしてイギリス経験論の代表者、ベーコンを理解します。
 時期的にはモンテーニュ、ベーコン、パスカルの順になります。のちに科学革命と称される、ガリレイやニュートンも生きていたこの時期、ベーコンには「知は力なり」という人間の優越性への楽観、人間中心主義が出てきます。4つのイドラは名称と内容を結びつけることが問題を解く上では必須です。
 のちのパスカルは、人間を「考える葦」と呼び、中間者として控えめというか、人間中心主義が現在ひきおこしている問題への警鐘を鳴らしている面があり、現代的な意義があります。
 ベーコンのポイントは、イドラの種類と内容、帰納法の方法を理解することです。
12モラリスト、ベーコン
12モラリスト、ベーコンAd