高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

タグ:マーストリヒト条約

 今回は地域経済統合を理解します。
 GATTやWTOの例外として、EUやNAFTA、TTPなどの地域経済統合が結ばれています。
 ポイントは、どこの国がどのようなレベルの統合を結んでいるか、です。
 統合が進んでいる順に並べると、EUがもっとも先を走り、次にMERCOSUR、NAFTA、AFTAの順です。アルファベットがたくさん出てきますが、国際的に使われている英単語でもあります。声に出して覚えましょう。
 一番進んでいるのがEUですので、EUは歴史的な経緯も問われます。つまりECSCとEECとEURATOMが統合されてECになり、欧州通貨制度を用いるようになり、冷戦終結後の1992年のマーストリヒト条約でEUになった、まで理解が必要です。ECの原加盟国にはイギリスは含まれず、イギリスはEFTAを形成していた、なんてことも問われます。アルファベットが多いでしょう!
 ただ、地理や世界史を選択している人は一石二鳥です。向こうでも問われます。
 また、EUの試みは、イギリスの離脱や他にも自国第一主義の政権が誕生していて暗雲が立ちこめていますが、例えば日本と韓国、中国が東アジアで同じことができるかというと、意欲的な試みであることは間違いありません。いつか東アジアでも国境管理なく、同じ通過や労働者の移動も自由という日が来るでしょうか。そんなことを夢想しながら解いていきましょう。

「FTA(自由貿易協定)とEPA(経済連携協定)について、両者の違いがわかるように説明しなさい。」(高崎経済大学)
「日本は今後、どの国とFTAやEPAを結ぶべきか、それともいっそのことそのような取り組みには参加しない方法もある。あなたが今後にふさわしい考える、日本の地域経済統合のあり方を述べなさい。」

page001
page002
page003







80年代の後半~90年代初頭、世界はめまぐるしく変化しました。
 ・89年はベルリンの壁崩壊や天安門事件、マルタ会談、
 ・90年は東西ドイツ統一、
 ・91年はソ連解体や韓国と北朝鮮の国連加盟、
日本国内では「バブル経済」がおきていましたので、未来が開けるような、華やかな時期だったわけです。
いずれも85年頃~ゴルバチョフ登場、プラザ合意という変化の萌芽がありました。

引き算してみましょう。この時期、保護者の方は何歳ですか?
だいたい20歳前後だと予想されます。この華やかな時代の出来事をインタビューしてみましょう。
「ベルリンの壁が崩壊した時、どう思った?」「ソ連が解体した時、何してた?」

page001
page002
page003



このページのトップヘ