高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

タグ:労働関係調整法

 今回の単元は、労働問題です。
 いずれ就活、就職した時に、働くことの歴史や法制を理解していることが強みになりますし、近いところではアルバイトした時に労働基準法を知っておくことは、直接役に立ちます。「お皿割っちゃったら、その分差し引かれた給料が支払われるのか」、「休憩時間はどのくらいか」、「大学はテスト期間なのに『あなたシフトの日でしょ?』と言われたら‥」などたくさんのヒントが定めてあります。
 この単元では、法律や制度が多く問われます。法制を軸にして、それとは別に羅列的でキツく感じられるのが、労働運動の歴史です。
 No55の(2)では問題そのものが、「失業者の定義」を説明しています。正解かどうかだけでなく、読み込んで下さい。主婦や主夫は失業者かとか、月にたった2時間でも仕事をすれば失業者に含まれないとかこの定義そのものの課題も見えてきます。
 現代の日本においては、国際競争や国際分業、人口減少などを横目に見ながら、この働くことの制度を今後どうしていくか、が未来へ向けて大切になります。よりより法制はどのようなものがありうるか想定していくと、結構量のある法制でも深く理解できます。
CSNo53表
CSNo53裏
CSNo54表
CSNo54裏
CSNo55表
CSNo55裏

 今回の単元は、労働三法をマスターします。少し細かく感じるかもしれません。
 この単元も基本を理解した上で、「(完全に)理解してから問題を解く」より「問題を解きながら理解する」方が早いです。
 労働三法を大ざっぱに触れます。
 労働組合法は、対等にはなりにくい労働者と経営者(≒使用者)を対等に近づけるための法律です。使用者側がしてはいけない「不当労働行為」が定められています。
 労働基準法は、労働条件の最低基準が定められています。
 労働関係調整法は、労使間での紛争を調整するしくみを定めています。斡旋、調停、仲裁という似て非なる言葉の意味を区別することが必要です。
 大学生になるとアルバイトをするでしょうが、"ブラックバイト"が問題になっています。労働三法を知っておけば「あれ、ここのバイトおかしいぞ」と、その事業所の実態がわかりますし、損することも防ぐことができます。この単元も実利に結びついています。
 たくさん問題を解きたい人や、より詳しく知りたい人はコチラ(CS政経 No53,54,55 労働問題  : 高校 政経・倫政の補習講座 (myjournal.jp))。
page001
page002







このページのトップヘ