高校 政経・倫政の補習講座

大学入試に向けた知識、学んだことと生活を結びつける知恵を提供します。

タグ:重複立候補

今回は、選挙制度を理解します。
過去の出題を見てみると、選挙の5大原則や小選挙区と大選挙区、比例代表制の長短、日本の衆参両院で用いる選挙制度、何が選挙違反にあたるのかが繰り返し出題されています。過去問で慣れていきましょう。
このようなしくみを理解していくと、選挙結果は通常どの政党が勝ったのかに注目されがちですが、その背後にある制度の方が大事だということに気づきます。投票率×得票率で有権者の20%未満の支持しかなくても、議席の80%近くを占めることができるのです。
センターサンプルNo19表
センターサンプルNo19裏
センターサンプルNo20表
センターサンプルNo20裏



今回の単元は、日本の選挙制度を理解します。
ポイントは、各選挙制度のメリットとデメリット、衆議院と参議院の選挙制度の違い、一票の格差や低投票率などの課題の3つです。特に苦手意識を持ちがちなのは、衆議院と参議院の選挙制度の違いですが、これも問題を解きながら理解した方が早いです。

「長短のある選挙制度(小選挙区、大選挙区、比例代表制)のうち、もしくはその組み合わせで、これからの社会に向けて求められる選挙制度とはどのようなものになるか、あなたの考えを述べなさい。」

「一票の格差を0に近づけ、議員定数を急激に増やせないとすると、人口規模が同じ選挙区をつくることになるだろう。そのことによってどのような長短があるのか、想定しなさい。」

page001

page002



このページのトップヘ