この単元では、核を規制する国際的な取りきめと、米ソ二国間の取りきめを理解します。
米ソ二国間の取りきめ、SALT、STARTなどが批准拒否や未発効のものがあり、わかりづらいと思います。これらも「理解してから問題」より「問題を解いて理解」の方が早道です。

国際法は一般に、批准していない国、加盟していない国を拘束することはできません。NPTも同様です。

「核兵器に関して、今後の国際社会はどのような取り組みが求められるだろうか、従来の取り組みを考慮しながらあなたの意見を述べなさい。」
「東アジア情勢の変化にともなって、自衛のための必要最小限の実力として、日本も核兵器を保有すべきだという主張がある。この主張に対してあなたの意見を述べなさい」

page001
page002